“そもそも、登山という行為は、最初からある物理的要因(標高、気象、小屋・道路まで遠い)によるリスクを抱えています。何もしなくても、そこにいる事がすでに安全ではないという状況です。”
“そして安全面についてです。TJARは、トラブルも含めて自己対応できる事、これが参加の必須条件です。
これを前提で挑んでいる訳ですが、本当の意味で山岳地帯において一つの打撲、一つの捻挫がどれだけ行動に影響するのかを的確にイメージして、それに備えられている人はどれだけいるのでしょうか? ましてや滑落したら?TJARは、基本単独行です。実際のところ、過去のTJARにおいて、様々なトラブルや事故がありました。大きな問題にはなっていませんが、大事故とは本当に紙一重のこともありました。これまでは、選手の適応能力に助けられていますが、一歩間違えば・・・
山を走る人(トレイルランナー)は軽快さが身上。「荷物は小さく軽く」の意識が顕著です。確かに軽ければ、スピードは上がります。より速くより遠くを目指すならば、ここに力が入るでしょう。しかし、軽くした結果持たなくなったものがあるはずです。そしてそれは、自らトラブルへの対応度を下げる事につながります。これが経験、知識、十分な体力の裏付けがあっての判断であればいいのですが、そうでない場合、非常にリスクが高くなります。ここで言うリスクとは「死」をも含みます。取り組み方を間違うと死ぬ。これは幾度となく選手に言っている事です。おどしではありません。本当に山は危険です。例えば近所でテニスするのに覚悟は必要ないし、ましてや死ぬかも?なんて考えないと思います。しかし、山は覚悟が必要ですし、死なないための備えが必要なのです。”
ibmblr:

Skis made with dataIt wasn’t so long ago that a pair of skis were two planks of wood with a couple of foot straps bolted on. Nowadays, skis are articles of precision equipment made with thousands of types of materials and almost as many models to choose from. And like any sport, skiing has its own followers of fashion. And keeping up with their demands is no easy task. Unless you’re Austrian ski manufacturer, Blizzard. They’re able to keep up with what’s hot, not, and destined to go ballistic now that analytics gives them a real-time view of what’s selling in ski shops all over the world. Which means they can always have what ski bunnies, powder hounds, shredders, freestylers and knuckle-draggers are hunting the store racks for. Explore more stories →

ibmblr:

Skis made with data
It wasn’t so long ago that a pair of skis were two planks of wood with a couple of foot straps bolted on. Nowadays, skis are articles of precision equipment made with thousands of types of materials and almost as many models to choose from. And like any sport, skiing has its own followers of fashion. And keeping up with their demands is no easy task. Unless you’re Austrian ski manufacturer, Blizzard. They’re able to keep up with what’s hot, not, and destined to go ballistic now that analytics gives them a real-time view of what’s selling in ski shops all over the world. Which means they can always have what ski bunnies, powder hounds, shredders, freestylers and knuckle-draggers are hunting the store racks for. Explore more stories →

fastcompany:

New gear to keep you safe riding your bike at night, and looking badass while you’re at it. 

“As long as the driver has his headlights on, the biker will be visible for as far as the eyes can see.”

Read More>

fastcompany:

New gear to keep you safe riding your bike at night, and looking badass while you’re at it. 

“As long as the driver has his headlights on, the biker will be visible for as far as the eyes can see.”

Read More>

“上越地域に春の到来を告げる妙高山(2454メートル)の雪形「跳ね馬」が15日、くっきりと姿を現した…”
“特筆すべきは、みなさん口を揃えて、「歯を大事にすればよかった」と言うこと。歯を欠損すると食事の楽しみが半減するし、入れ歯は健康保険が使えないので家計を直撃するという、二重の辛さを感じるようだ。”

1977年にジム・フィックスが「The Complete Book of Running(奇跡のランニング)」という本を世に送り出した。その本は後に世界的ベストセラーとなり、全米で爆発的なジョギングブームが巻き起こった。

 ジムは30代半ばですでに100キロ近くの体重があったが、毎日10マイル近くを走り続けて30キロの減量に成功。その経験を基に「The Complete Book of Running」を書き、1970年代後半から始まったジョギングブームの火付け役になったわけである。

 つまり、こういうことだと思う。肥満に悩む(しかも、特大級の)アメリカの人々が減量のために走り始める時、いきなりきちっとしたランニングフォームで走るのは、心臓にも足腰にも大きく負担がかかるので、歩く延長で走るフォームが理想とされたのではないか? それなら、かかと着地が望ましい。

 1968年にオレゴンで設立されたナイキは、10年後の1978年に初めてエアを仕込んだシューズを発表したが、ジムの著書が世に出た時期とちょうど重なる。

 こうして40年近く、かかとにたっぷりと衝撃吸収材を入れたランニングシューズが世に出回り、逆にランニングによって体の故障を訴えるランナーが増えだしたのだ。

 だが、人類の長い歴史の中で、やせるために走るようになったのは、ごく最近のことである。人々はもっと違う「理由」によって走っていたのだ。

“①スーツの袖丈はシャツが1.5cm程覗く長さのモノを選ぶ。シャツも同様 ②靴はひも付きの黒で、とんがりすぎずシンプルなデザインのモノ。薄ければゴム底でも可 ③無地で暗い色以外のネクタイは避ける。濃紺、濃茶がオススメ ④シャツは胸ポケットの無いものを選ぶ。黒ボタンのデザインが入ったモノは選ばない ⑤靴下はふくらはぎを覆う長さで足を組んだ際に見えないモノを選ぶ ⑥サイズは入念に選ぶ。シャツのクビ周り、裾丈などは念入りに。ルーズは禁物 ちょっと厳格すぎたみたいなので、これだけは外せない、というのだけに絞りました。 カバンも、昔なら絶対革のハンドバッグ!という人も多そうですが、今はナイロンが主流なのでスルーします。”